神戸メリケンパーク オリエンタルホテルのバイトの評判!体験談を公開します

スポンサードリンク

神戸メリケンパーク オリエンタルホテルの宴会会場で、バイトをしていたときの体験談です。

 

宴会会場のサービススタッフのバイトの場合、主には結婚式、または企業の新製品発表パーティーや宴会で、ドリンクを出したり料理を運んだり、下げものをするのが仕事になります。

 

神戸メリケンパーク オリエンタルホテルのバイトを実際にやってみて大変だったことは、失敗が許されずスピードが求められることです。

 

熱くて重い料理の皿を何枚も腕にのせ、お客様の会話を邪魔しないように身を交しながら速足ですすみ、でもお客さまの前では落ち着いて優雅にお料理をお出しします。

 

笑顔で会話しながら、重さと緊張感で内心悲鳴をあげていたこともしばしば。

 

高価なお料理の数に余分はなく、またおめでたい席なので失敗は許されないのです。

 

神戸メリケンパーク オリエンタルホテルでバイトを始めたばかりの頃は、ただただ気持ちばかりが焦り、泣きそうになることもありましたが、バイトしているうちに徐々にコツがつかめてきました。

 

そのコツは、サービスの間絶対に足を止めないことと、パーティーを主催しているお客様に自分がなったつもりでサービスすることです。

 

スポンサードリンク

 

特に披露宴は、新郎新婦様にとっては一生に一度の大切な日です。

 

彼らが自分ですべてのおもてなしをすることは無理なので、私たちが代わりに手足となって、大切なゲストをおもてなししているのです。

 

そう考えると自分の中での緊張感が増し、お料理を出し終わった隙間時間、足を止めてしまうことがなくなりました。

 

常に休みなく歩き回ってドリンクの減り具合に目を配る、カトラリーを間違って使ってしまったお客様がいないか確認する(間違っていれば恥をかかせないよう、代わりのカトラリーを出してあげなければいけません)。

 

食べるのが遅いお客様の近くでは、次のお料理を置くスペースを確保するために下げものを徹底しておくなどの工夫をすることによって、業務の効率が増し、担当のテーブルや会場を良い状態に保てるようになりました。

 

サービススタッフとしてプロ意識をもって業務にあたることは、とても良い経験になりました。

 

良い経験をさせてくださった神戸メリケンパーク オリエンタルホテルとお客様方に心から感謝しています。

 

スポンサードリンク