バイトで失敗しないか心配になることも…。服屋での体験談をお話しします

スポンサードリンク

駅ビルに入っている小さな服屋でアルバイトをしていた頃、小さな服屋ながらサイズ展開が豊富だったので、店の中には試着室が3つもありました。

 

レディース物しか扱っていませんでしたが、本当に細かいサイズ展開だったので、購入されるお客様は試着室で試してから購入される方が多かったのです。

 

スタンダードな服も多く、若い方でしたら10代から年配の方なら70代の方までと幅広い層から人気のあるお店でした。

 

たまたま来られたお客様で、ベビーカーに赤ちゃんを乗せて、更には3歳位の男の子を2人連れたお母さんが居ました。

 

お母さんが店内をぐるぐると回っている間、2人の男の子は店の中をずっと走り回っていて、お母さんは一切注意をしなかったのです。

 

店員として「走ったら危ないよー」と軽めに注意はしていたのですが、全く聞く様子もなく、店長ともう少し強めに注意しようか?と話していた矢先、その母親が「試着して良いですかー」とジーンズを2本持って試着室に入りました。

 

当然、2人の男の子も母親について行くのですが、またもや試着室内でも暴れ出すのです。

 

スポンサードリンク

 

母親は一切注意しませんが、試着中なのでカーテンを開ける訳にもいかず、どうしようか?と悩んでいました。

 

子供が靴であがったりしないだろうか?カーテンを引っ張ったりしないだろうか?と目を光らせつつ、別の作業をしていると一瞬目を離した時に「バタバタッ!」と大きな音が聞こえたのです。

 

見ると、母親が使っているはずの試着室の外側に子供の靴が二足ありました。

 

母親はもう外に出て、子供2人が試着室の中で暴れている!とわかった瞬間に、これはキッチリ叱ってやろう!と勢いよくカーテンを開けた瞬間、中にはお母さんの姿がありました。

 

幸いにも服は身につけていらしたので、大事には至りませんでしたが、それはそれはビックリされていました。

 

とにかく謝り、店長も一緒に謝罪し、無事ことなきを得ましたが、本当に冷や汗が止まりませんでした。

 

2人の男の子は、母親の靴を隠しに行っていたのです!

 

子供の動きは予測がつかないというのを学びました。

 

スポンサードリンク